広告 美心・美活

【薫習】自分を変えるには、人に頼ることも大切|他力本願

美容薬剤師 佑:Task

(一社)美容薬剤師協会|美をインスパイアする美容薬剤師|認定ONP11期|『美のあり方』をテーマに発信|【ゆらぎ肌卒業|ノーファンデ肌を作れる】Dr.Pharmacyを販売中!

人間は自分が置かれた環境に大きく影響されます。

そもそも、「人間」という言葉は「人」と「人」に「間(ま)」があって成り立つもの。

この「間」が、他人との関係性を築き上げ、自己を形成します。

自分を変えたい」と願う方はたくさんいらっしゃいます。

また、それを自分の力、「自力本願」で変えようとする方も多いです。

ただ、それって、結構疲れませんか?

今回は【心のあり方がシンプルになるヒント】として『薫習(くんじゅう)』についてお話いたします。

あなたが美しく幸せに生きるための「心のあり方」を見つけるお手伝いをします!
佑:Task

“ほっ”とひと息とコーヒーブレイクでもしながら、本文をご覧ください。

薫習の語源

薫習(くんじゅう)』とは、お釈迦さまの教えをもとに、弟子(禅僧)によって生まれた言葉である「禅語」の一つです。

季節ごとの衣替えの折、古くから「防虫香」というお香が使われていました。

その香りに習って、衣服や部屋全体へと移ると、とてもいい匂いが薫ります。

これが『薫習』の語源です。

このことは人間社会においても同じことが言えます。

人間は染まる生き物

人は付き合う人や身を置く環境に大きな影響を受けます。

どんなに誠実であり、清廉潔白な人物であっても、悪い集団や組織の中にいれば、悪に染まってしまいます。

また、厄介なことに、それが悪だとしても、「悪」とは思わなくなり、自然の成り行きだと思うようになっていきます。

反対に、心に邪(よこしま)な考え方を持っていたとしても、周りに素晴らしい人がいれば、自然と良い影響を受けます。

私たちには「適応する」という素晴らしい能力がありますが、つまるところ、「染まる生き物」でもあります。

この時に大切なのが、「自分が尊敬できる人」を見つけて、その人についていくことです。

尊敬できる人を持つ

自分が尊敬できる人」を持つことは、自分の人生を豊かにするだけでなく、知らず識らずのうちに自分自身が成長しています。

尊敬できる」とは「感謝できる」ということです。

感謝の気持ちを持って接することで、周りから愛される人間性を持つことができます。

そういう人はとても良い顔をしています。

外面的な良さではなく、内面からにじみ出てくるような顔です。

自分が尊敬できる人」を見つけると、人生も変わってきます。

尊敬できる人の見つけ方

「自分が尊敬できる人なんて見つからないよ!」

そんなことはありません。

尊敬できる人は何も大きな業績を残していたり、肩書のある人だけがなるわけではありません。

毎朝、道端を掃除をしている近所のおばちゃん」や「いつも会う度に、笑顔で元気な挨拶をする先輩・上司」。

尊敬できる人」というのが難しければ、「メンター」と思える人も良いのです。

あなたのすぐ身近にいたり、見習いたいことがある人...。

きっとどこかにいます。

自力本願は大変

自分を変えたい」と願う方は多いです。

ところが、年齢を重ねてくると、なかなか自分の力で変えることが難しくなってきます。

頑固にもなったり、一種の諦めの境地に至ったりとして、変化を恐れたりもします。

自力本願』、自分の力で変えようとすることは、大きなエネルギー・パワーが必要となります。

ダジャレではないですが、自分を大きく変えようとする『自力本願』はとても大変です。

それならば、他人の力に頼る、『他力本願』で自分を変えてみてはいかがでしょうか?

他力本願は楽に変われる

他力本願』は、生きていく流れの中で、他人の力に身を任せることです。

一見、ネガティブに捉えられることも多いですが、自分だけで変えようとするにも限界があります。

あらすじにも書きましたが、「人間」という言葉は「人」と「人」に「間(ま)」があって成り立つもの。

この「間」が、他人との関係性を築き上げ、自己を形成します。

人は他人があって成り立つものであり、一人では生きていけません。

他力本願』、他人の力に頼ることも生きていく上では大切なことです。

もっと明るい性格になりたければ、明るい人といっしょに行動すれば良いのです。

もっと仕事ができるようになりたければ、その人のもとで働けば良いのです。

そして、「尊敬できる人」と共にいれば、自分も変わっていき、人生が豊かになります。

他力本願』でいれば、自分を変えることが楽になります。

【まとめ】薫習の如く生きる

薫習(くんじゅう)』の如く、人はその周りにいる人や環境の影響を受けて生きています。

その香りに習って、周りにも匂いが薫り、自分にもまといます。

だからこそ、付き合う人や自分が身を置く環境を選ぶ必要があります。

自分を変えるには、人に頼ることも大切です。

他力本願』であっても良く、他人がもっているいい香りを自分に移せば良いのです。

そして、あなたもいい香りを薫らせてください。

それがあなた本来の美と魅力でもあります。

美しく魅力的な香りを漂わせられる人でありますように:)☆♪
佑:Task
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

美容薬剤師 佑:Task

(一社)美容薬剤師協会|美をインスパイアする美容薬剤師|認定ONP11期|『美のあり方』をテーマに発信|【ゆらぎ肌卒業|ノーファンデ肌を作れる】Dr.Pharmacyを販売中!

-美心・美活
-, ,