広告 美の東洋医学

[基礎編]第三章:陰陽論

美容薬剤師 佑:Task

(一社)美容薬剤師協会|美をインスパイアする美容薬剤師|認定ONP11期|『美のあり方』をテーマに発信|【ゆらぎ肌卒業|ノーファンデ肌を作れる】Dr.Pharmacyを販売中!

読めばナルホド!大事なポイントが分かる東洋医学基礎編第三章:【陰陽論】について、わかりやすくお話いたします。

前回、答えが「内(その人にある)」にある【東洋医学について理解を深めていきました。

【★復習】[基礎編]第二章
東洋医学とは?

続きを見る

今回からは東洋医学について、さらに理解を深めていきましょう!

基礎編]第二章:【東洋医学で「基本は【陰陽】を中心として、証を立てていきます(八網弁証」とお話いたしました。

陰陽という言葉自体...

それって実際どういうこと?

...と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

東洋医学ではという“目に見えないもの”と、・〔津液という“目に見えるもの”を扱います。

ただ、・〔津液はもとより、という概念は実感も湧きにくいため、“イメージしやすいもの”を先人たちは考えました。

そのイメージしやすいものを】・【で論じるのが、【陰陽論】です。

今回は【陰陽論】について、一つずつ理解を深めていきましょう!

コーヒーブレイクで‘ほっ’とひと息つきながら、気持ちを楽にしてお読みください!
佑:Task

陰と陽

東洋医学では“バランス”が重要視され、それを【陰陽論】という概念で捉えます。

絵画的な表現では「黒と白の勾玉」となります写真参照

この世の自然界(森羅万象)は、2つの性質・側面、で構成されている

...という、中国の易学に基づいた考え方から来ています。

陰陽とは、もともと「と太陽」のこと。

昼があれば、夜もある。夏が来れば、冬も来る。表があれば、裏もある...。

このように、相反する二面性の関係を指します。

陰陽の例は次のとおりです。

陰陽の例

  • 太陽
  • 晴れ
  • 冷たいもの(身体を冷やすもの)温かいもの(身体を温めるもの)

陰陽は何を基準にするかを決めた上で比較します。

ポイントは...

基準は“自分”で決められる

自分の判断軸:モノサシ”で、基準を決められるため、何がで、何がなのか。

を比較することができます。

また、「“強い性質(余剰)”は“弱い性質(不足)”に影響を与える」という点も押さえておいてください。

は物質的な意味合いを持ち、身体自体やその滋養成分を意味する言葉です。

氣血津液弁証』において...

全身の栄養として目に見えるものである『』・『津液に該当する

体内において、は身体にこもった余分な熱を冷まし、乾いた身体を潤します(清熱)。

不足すると、身体が熱く火照ったり、喉が渇く、皮膚が乾燥してカサつく、イライラするなどの原因となります。

の不足・消耗が続いて、不調がみられた状態を陰虚といいます。

陰虚とは?
身体がカラカラ|陰虚

続きを見る

また、の中にもがあって、を留めています(イメージ:黒い勾玉の白丸)。

これを陰中の」といいます。

は機能的な意味合いを持ち、臓器の働きや動く能力などを意味する言葉です。

氣血津液弁証』において...

】“目に見えないものであるに該当する。

体内において、は熱で冷えた身体を温め、臓器の機能や働きを良くします。

また、新たなを生み出して、エネルギッシュでいるための原動力(生命力となります。

不足すると、冷えや気力・体力の減退、内臓の機能低下などの原因となります。

が不足・消耗が続いて、不調がみられた状態を【陽虚】といいます。

陽虚とは?
身体がヒエヒエ|陽虚

続きを見る

の中にも「」があって、を留めています(イメージ:白い勾玉の黒丸)。

これを陽中のいいます。

【まとめ】『陰陽調和』が理想

氣血津液弁証より...)

全身の栄養として目に見えるものである・〔津液に該当する


目に見えないものであるに該当する。

陰陽はどちらかに偏ったり、多すぎても・少なすぎでもダメです。

(*一方だけが極端になり、陰陽を結ぶ力がなくなると、「」に至るとされます。)

不足は補い、過ぎるは抑える」。

がお互いに協力し合い、相対的にバランスのとれている状態である【陰陽調和を理想とします。

食べ過ぎは体に良くないけど、食べないのも良くない。

...というイメージがわかりやすいかと思います。

陰陽のバランスが崩れても、自ら回復する(バランスを整えられる)ことができれば、健康であるとされます。

ただ、それができなければ、「未病(発病する前の体調不良などの状態)」になり、進めば「病気」になります。

バランスを整えるには、生活習慣を良くすることがまず第一です。

これが東洋医学における【陰陽論】です。

次回は基礎編]第四章:について、お話いたします。

[基礎編]第四章
氣とは?

続きを見る


今回はここまで!

東洋医学をテーマにした内容は色濃くて深い分、一気に理解しようとすると、頭が混乱してしまいます。

本質はどこにあるのか、どのようなイメージ・言葉で捉えたら良いのか?

少しずつ頭の中で整理していき、確認をしながら理解を深めていきましょう!

何が大事なのか?」・「ポイントは何か?」という視点を大切に!
佑:Task

〜美からなるあなたへ〜
Beauty & Being & Best
美容薬剤師 佑:Task

【読めばナルホド!大事なポイントが分かる東洋医学】

まとめ
読めばナルホド!大事なポイントが分かる東洋医学

続きを見る

基礎編

第一章:西洋医学とは?

第二章:東洋医学とは?

第三章:陰陽論(←今回はコレ!)

第四章:氣

第五章:血・津液

第六章:証(虚実・寒熱・表裏)

理論・応用編

第七章:五行論

第八章:五臓六腑(肝・心)

第九章:五臓六腑(脾・肺)

第十章:五臓六腑(腎・三焦)

第十一章:薬膳・漢方

番外編

第十二章:黄帝内経に基づく身体の変化

次回の内容はコチラ!
[基礎編]第四章:氣

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

美容薬剤師 佑:Task

(一社)美容薬剤師協会|美をインスパイアする美容薬剤師|認定ONP11期|『美のあり方』をテーマに発信|【ゆらぎ肌卒業|ノーファンデ肌を作れる】Dr.Pharmacyを販売中!

-美の東洋医学
-, ,