広告 美と健康の栄養療法

【日頃の健康維持に】D3フィッシュオイル|オーソサプリPro

美容薬剤師 佑:Task

(一社)美容薬剤師協会|美をインスパイアする美容薬剤師|認定ONP11期|『美のあり方』をテーマに発信|【ゆらぎ肌卒業|ノーファンデ肌を作れる】Dr.Pharmacyを販売中!

「身体の健康維持・免疫には、ビタミンDが大事」ってよく聞くけど、どう摂れば良いかな?魚やキノコ類は苦手で...。

そんなあなたに、日頃の健康維持として『D3フィッシュオイル』はいかがでしょうか?

D3フィッシュオイル』は「タラ油」由来のビタミンD3が主な成分。

脂溶性ビタミンであるビタミンD3は、十二指腸から分泌される胆汁により乳化されて吸収されます。

D3フィッシュオイル』は「ミセルタイプ」で乳化されているため、胆汁の分泌能・消化が低下している方でも比較的容易に吸収されます。

また、サプリメントのカプセル被膜には、2つの抗酸化作用がある成分で賦形されており、高品質を維持。

ココナッツオイルを賦形することで、消化吸収後はエネルギー源として利用されやすくなっています。

ビタミンDは“日光ビタミン”ともいわれ、皮膚に約90%存在するビタミンD紫外線(UV-Bにより活性化を受けて、私たちの健康のために働いております。

しかし、現代人は食生活の変化(主な供給源である魚・キノコ類の摂取量減少)や過度の紫外線対策により、ビタミンDは不足しがちな栄養素です。

ビタミンDはサプリメントで効率よく摂取することをおすすめします。

ビタミンDの働きは近年、骨を丈夫にするだけでなく、身体の免疫にも関わるとして注目されています!
佑:Task
あわせて読みたい!
【栄養素ガイド】“日光ビタミン” ビタミンD|インナーケア(永久保存版)

続きを見る

D3フィッシュオイルの特徴3選

D3フィッシュオイル』の特徴は次の3つです。

D3フィッシュオイルの特徴3選

  • 主成分は(国内製造)タラ油由来のビタミンD3を1粒「1,000 IU」配合(*1日2粒を目安)
  • カプセル被膜には、2つの抗酸化成分(トマト由来のリコピン】・【ビタミンE)で賦形しており、高品質を維持
  • 中鎖脂肪酸(MCTオイル)が中心のココナッツオイルを賦形することで、消化吸収後はエネルギー源として利用されやすい

「単位:IU」とは?

IU」とは国際単位のことで、一定の生物学的効果を発揮できる量が国際的な同意の上、物質ごとに決められています。ビタミンDは「1 μg=40 IU」で計算されます(*つまり、「25 μg = 1,000 IU」)。

 

どんな方におすすめ?

D3フィッシュオイル』はこのような方におすすめします!

こんな方におすすめ!

  • 日光に当たる機会が少ない方
  • 紫外線対策をしつつ、ビタミンDを摂りたい方
  • 夜型生活の方
  • 魚やキノコ類が不足しがちな方
  • 健康状態が気になる方
  • 免疫力を上げたい方
  • 風邪を引きやすい方
  • アレルギー症状が気になる方
  • 妊娠を希望される方
  • 妊娠中の方
  • 母乳を与えている方

上記のどれかに当てはまりませんか?

需要と貢献度が高く、私たちの健康維持のためにも、とても大切な栄養素であるビタミンD3

日頃の健康維持として『D3フィッシュオイル』をお試しください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

美容薬剤師 佑:Task

(一社)美容薬剤師協会|美をインスパイアする美容薬剤師|認定ONP11期|『美のあり方』をテーマに発信|【ゆらぎ肌卒業|ノーファンデ肌を作れる】Dr.Pharmacyを販売中!

-美と健康の栄養療法
-, , , ,