広告 美心・美活

【美しく生きるためのヒント】人生の五計|よりよく生きるために

美容薬剤師 佑:Task

(一社)美容薬剤師協会|美をインスパイアする美容薬剤師|認定ONP11期|『美のあり方』をテーマに発信|【ゆらぎ肌卒業|ノーファンデ肌を作れる】Dr.Pharmacyを販売中!

人間は生きていると様々な境遇に立ち会います。

特に、現代は大きく移り変わる時代でもあり、迷いやすく、「自分」という存在を見失いがちです。

「自分はどう生きたいのか?」

...と、思い悩んだことは有りませんか?

中国王朝の一つ、南宋(1127-1279年)の官史:朱新仲(1097-1167)は、「人間には五つの計(はかりごと)がある(五計」と唱え、人生をよりよく生きるための教訓がまとめ伝えられました。

今を生きる私たちにとって、とても参考になるかと思いました。

美しく生き、美しく身を整え、美しい家庭を築き、美しく老い、美しく死ぬ。

今回は【美しく生きるためのヒント】として、『人生の五計』についてお話いたします。

あなたが美しく幸せに生きるための「心のあり方」を見つけるお手伝いをします!
佑:Task

“ほっ”とひと息とコーヒーブレイクでもしながら、本文をご覧ください。

人生の五計

人生の五計』は、次の5つからなります。

人生の五計

  • 生計
  • 身計
  • 家計
  • 老計
  • 死計

昭和初期の陽明学者・安岡正篤は、この『五計』を「いかに生きるべきか(生計)、いかに社会に対処していくべきか(身計)、いかに家庭を営んでいくべきか(家計)、いかに歳を取るべきか(老計)、いかに死すべきか(死計」と解釈しています[参考]

今の自分自身に当てはめてみて、一つずつ、問いてみてはいかがでしょうか。

生計

いかに生きるべきか

これはすなわち、「いかに健康な毎日を過ごすか」ということです。

健康は日々の生活の中から作られるもの。

「今日はひと駅分歩いてみよう」、「週3回はジムでトレーニングしよう」、「朝起きたら散歩しよう」。

こういうことも、生きる上での計画、『生計』です。

あなたは今、健康ですか?

そして、あなたにとって、「健康」とは何でしょうか?

簡単なことからでも良いです。

あなたも幸せに美しく生きませんか?

身計

いかに社会に対処していくべきか

これは「立身出世」という言葉に近いです。

何をもって世の中のために役に立つか、どのような職業、価値観で生きていくか。

自分の身の振り方や行いを計画するのが『身計』です。

あなたは今、社会の一員として、自分はどうありたいですか?

美しく身を整えて生きませんか?

家計

いかに家庭を営んでいくべきか

これは「家計簿」というお金のやりくりだけでなく、夫婦や親子関係のことでもあります。

お金の面では、どういう出し入れで生活するか。

家族の面では、どういう家庭を築いていくのか。

家計』を正し、整うことは、よりよく生きるためにも大切であるということです。

あなたは自分の許容範囲を超えたお金の使い方をしていませんか?

お父さん、お母さん、兄弟姉妹、子どもなどと関係を築いていますか?

美しいお金の使い方、美しい家庭を築いていきましょう。

老計

いかに歳を取るべきか

生老病死」、人は常に若いなどと恒常的なものを持っていなく、誰でも年を取ります。

私たちに唯一共有していること。

生まれること、死ぬこと、そして、それまでの時間であり、一本の糸のようにつながっています。

その糸がどう彩るのか、どう形作るのか、どう結ばれるのかは、人それぞれです。

どういう老年を迎えようか。

あなたはいかがでしょうか?

良い歳の取り方をするために計画する(『老計』)。

美しく老いてきませんか?

死計

いかに死すべきか

私たちはいつ病気をするのか、誰にもわかりません。

そして、いつ死ぬのかもわかりません。

人はそういう予測できない変化に翻弄され、悩み苦しみます。

それを克服、乗り越えるには、自分の生きる座標軸、生きる支えのようなものが必要となります。

自分の「死生観」について考えたことはありますか?

自分が生きた延長線上に、「死」があります。

「死」を迎える時、自分はどういう境地に至るのか。

あなたは最期、どう「死」を迎えたいですか?

今から『死計』を図ることも一考です。

美しく生きて、最期は、美しく死を迎えたいです。

【まとめ】よりよく私は生きる

美しく生き、美しく身を整え、美しい家庭を築き、美しく老い、美しく死ぬ。

【美しく生きるためのヒント】として、『人生の五計』についてお話させていただきました。

一つひとつの計(はかりごと)から、自分の人生を紐解くと見えてくることがあります。

今を生きている私たちは、どうしても外面・自分の外に意識が向いてしまい、内面・自分の中に意識を向ける時間が少なくなりやすいです。

一度立ち止まって、よりよく生きるため、美しく生きるために、自分の人生をどう生きたいのかを考える時間は大切だと、私は思います。

「自分がどう生きたいのか?」、「どうありたいのか?」、「自分にとって幸せとは何か?」。

これは永遠のテーマなのかもしれません。

今回の投稿を通して、あなたが思ったこと、感じたこと、気づいたこと。

ぜひメモなどに書き残して、時々見つめ直してみてください。

あなたが美しい人生を歩めることを願っています:)☆♪
佑:Task

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

美容薬剤師 佑:Task

(一社)美容薬剤師協会|美をインスパイアする美容薬剤師|認定ONP11期|『美のあり方』をテーマに発信|【ゆらぎ肌卒業|ノーファンデ肌を作れる】Dr.Pharmacyを販売中!

-美心・美活
-, ,