広告 美と健康の栄養療法

【有料級】 美肌のために必要な栄養素7選(永久保存版)

美容薬剤師 佑:Task

(一社)美容薬剤師協会|美をインスパイアする美容薬剤師|認定ONP11期|『美のあり方』をテーマに発信|【ゆらぎ肌卒業|ノーファンデ肌を作れる】Dr.Pharmacyを販売中!

こんにちは、美をインスパイアーする美容薬剤師 佑:Taskです。

今日も一日、あなたらしく、笑顔で美しく生きましょう!

美肌に必要な栄養素って何だろう?

こんなお悩みはありませんか?

良い肌を作るためには、良い栄養状態を保つことが重要です。

内面から美しく健康的に

美容効果」を内面から支えるために、摂っておきたい栄養素は何か?

あなたはご存知でしょうか?

今回、『美肌のために必要な栄養素7選』をまとめてみました。

有料級】(永久保存版)な内容です。

ぜひブックマークして、ご自身の美肌生活に役立てましょう!

あなた本来の美と魅力が輝くことを願っています!
佑:Task

美肌のために必要な栄養素7選

美肌のために必要な栄養素7選』は次のとおりです。

美肌のために必要な栄養素7選

  • タンパク質
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • 脂溶性ビタミン(ビタミンADEK
  • ω3脂肪酸
  • 亜鉛

気になる栄養素はありましたか?

一つずつ、解説していきますので、最後までお読みいただけると嬉しいです。

タンパク質

タンパク質は、通常50以上の様々な性質を持つアミノ酸がつながってできています。

身体の“土台”となると同時に、血液やホルモン、酵素、筋肉、骨、歯、内蔵諸器官なども作る大切な栄養素です。

もちろん、肌の構成成分としてタンパク質は必須で、肌細胞の機能を維持には、様々なアミノ酸が関与しています。

タンパク質がしっかりと摂れている方の肌は、ハリや弾力、ツヤがあります。

また、コラーゲンの合成(皮膚の柔軟性・弾性アップ)にも関与し、すこやかな肌の維持に貢献しています。

タンパク質は肌に最も必要な栄養素と言っても過言ではないです。

しかし、生命を維持するために、需要が高い血液や筋肉、ホルモン、酵素、内蔵諸器官などへの供給が優先され、常に消費され続けています。

加えて、糖質・脂質過多な現代の食生活、及び、ストレスや運動不足により消耗されてしまい、タンパク質は不足しがちです。

そのため、肌へ行き渡らせるためには、積極的、かつ、十分な量のタンパク質を摂ることが大切です。

【タンパク質】を摂るには?
【“元気の土台” 飲みやすい!】Soy プロテイン

続きを見る

あわせて読みたい!
【栄養素ガイド】タンパク質&アミノ酸|インナーケア(永久保存版)

続きを見る

ビタミンB群

ビタミンB群水溶性ビタミンで「8種類」あります。

ビタミンB群は美しい肌づくりのためのエネルギーを安定的に作り出す「補酵素」として重要な働きをします。

代謝が活発な肌の細胞は、エネルギー代謝を活性化させることが必要で、そのために、ビタミンB群は必要となります。

タンパク質の合成・代謝をはじめ、エネルギー源:ATPの産生、細胞分裂に必要など、肌細胞の代謝を良くするためにも積極的に摂取したい栄養素です。

また、ビタミンB群は脳や心の健康とも関わっており、タンパク質から幸せホルモン睡眠ホルモンの生成に関与します別記事

ビタミンB群が不足すると、睡眠不足やメンタルダウンなどの不調が起こり、脳疲労・慢性疲労の原因となります。

内面から美しく健康的であるためにも、ビタミンB群は欠かせない栄養素です。

【ビタミンB群】を摂るには?
【元気を守るビタミン】マルチビタミンBR

続きを見る

ビタミンC

ビタミンC(アスコルビン酸)水溶性ビタミンで、言わずと知れた美容には必要不可欠な栄養素。

抗酸化・抗炎症作用があり、紫外線による活性酸素の酸化的ダメージの軽減・炎症反応を抑制します。

また、ビタミンCは肌のコラーゲン合成の際の補酵素及びコラーゲン分子の三次構造を安定化に貢献します。

正常な肌(ケラチノサイト)には高濃度のビタミンCが蓄積されており、他のカラダの組織の濃度を大きく上回っています。

しかし、老化または紫外線で損傷した肌ではビタミンCの濃度は低くなります。

ビタミンCが欠乏すると、シミなどの肌の色素沈着(メラニンの形成)の原因となります。

また、シワやたるみの一因となり、肌にとってネガティブなことばかりです。

そのため、美肌のためにも高濃度のビタミンCをキープしておきたいものです。

【ビタミンC】を摂るには?
【美と健康をチューニング】C1000+ベジタブル

続きを見る

脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)

脂溶性ビタミンであるビタミンA・【ビタミンD】・【ビタミンE】・【ビタミンKは、肌のハリやきめ細かさ、抗酸化作用などに強く働く栄養素です。

また、免疫にも関与し、肌の状態だけでなく、全身の健康状態を保つためにも必要です。

これらは亜鉛といっしょに摂ることで、美しい肌の再生を助けます。

特に、ビタミンA・【ビタミンDは細胞の分化・増殖に関与します。

つまり、ビタミンA・【ビタミンDは、肌細胞の新陳代謝・ターンオーバーの際に使われ、肌の状態を良くする、肌の健康のためにも必要な栄養素となります。

【ビタミンA・D・E・K】を摂るには?
『マルチビタミンBR』に配合されています!

続きを見る

ω3脂肪酸

ω3脂肪酸(EPA・DHA・αリノレン酸など)は抗炎症作用があります。

肌の細胞膜にあるセラミドの形成には、ω3脂肪酸が重要です。

良質なアブラ(油)は私たちにとって重要なエネルギー源となるだけでなく、肌の状態を保つのにも貢献します。

【ω3系脂肪酸】を摂るには?
【良質なアブラを理想のバランスで】マルチオイルωR

続きを見る

は健康的な細胞、髪質、爪を維持するのに大切なミネラルです。

もちろん、は美肌にとっても大切な栄養素。

コラーゲン】=【】+【タンパク質】+【ビタミンC

*タンパク質の中でも、アミノ酸グリシンリシンプロリンが、コラーゲンの合成で重要である。

...と、新しいコラーゲンの合成には、が必要です。

それ以外にも、は赤血球(ヘモグロビン)の運搬の中心的存在であり、肌の細胞へ酸素(栄養)を供給します。

また、は酵素:カタラーゼ(抗酸化酵素)の活性中心でもあります。

細胞内に存在するカタラーゼは、有害な「活性酸素(過酸化水素)」を無害な酸素と水に分解します。

細胞分裂(DNA複製)に欠かせないだけでなく、肌の細胞のATP産生にも大切で、肌が元気・健康であることを保つためにはが重要です。

が不足すると、乾燥肌、湿疹、シミ、目の下のクマ、血色が悪くなります。

また、身体が疲れやすくなったり(易疲労感)、動悸や息切れもしやすくなります。

特に、女性は生理があるため、出血によりは不足しやすいので要注意。

無理なダイエットによる偏食や栄養不足もが不足なる原因となります。

は肌の健康を保つためにも重要です。

【鉄】を摂るには?
【女性に欠かせない「鉄」を強化】マルチミネラル鉄

続きを見る

「鉄欠乏性貧血」とは?

鉄欠乏性貧血は数ある貧血の中で最も多いです。体内で酸素を運搬する赤血球中のヘモグロビン(Hb)の合成にはが必要ですが、不足することで、Hb合成が低下し、貧血が起こります。生体内のの総量は約3~4gで、健常者での体の供給と喪失はそれぞれ約1mg/日でバランスをとっていますが、何らかの原因でそのバランスが崩れると、が欠乏状態となります。20〜40代の女性の約2割は鉄欠乏性貧血であるとも考えられています。

 

亜鉛

あまり重要視されていませんが、肌が若々しく、健康的でいるためにも、亜鉛は必須のミネラルです。

亜鉛は体内に2g存在し、に次いで体内に多く存在する微量金属ミネラル。

前立腺、骨や骨髄、眼の脈絡膜、筋肉、皮膚などに高濃度に分布します。

亜鉛は細胞の分裂や増殖(DNA複製)、細胞の生まれ変わり、有害金属の排出や活性酸素の除去などに必要となります。

逆に、不足すると、成長障害、味覚障害、免疫力の低下、インスリン分泌不良、疲労倦怠感、精神不安定など、様々な全身症状が出現します。

肌については、新陳代謝・ターンオーバーを促進します。

また、コラーゲンの生成に関与し、肌だけでなく、美しい爪や髪を作るためにも欠かせません。

実は、亜鉛皮膚炎(アトピー性皮膚炎)にも深く関与しています。

人の身体にとってエネルギー源であるATP(アデノシン−3−リン酸)で、通常、「細胞内」にあります。

しかし、物理的接触や外部ストレスなどの刺激により「細胞外」へ出ると、炎症を引き起こすことが知られています。

ATPは皮膚にもある程度の量の亜鉛が存在し、そのうち7割は一番外側の表皮にあります。

本来、ATPは酵素によって速やかに分解されますが、亜鉛が少ないと酵素の働きが弱くなり、ATPの分解が促進されません。

皮膚炎が起こると、表皮がすぐに剥がれ落ち落ちたり、脆弱なため、亜鉛(の働き)が失われてしまいます。

その結果、ATPの分解が促進されず、炎症を引き起こし、「皮膚炎(アトピー性皮膚炎)」につながります。

これは亜鉛の血中濃度を上げることでも、防ぐことができるため、健康的な肌を保つためにも、亜鉛は必須なのです。

【亜鉛】を摂るには?
【男性に欠かせない「亜鉛」を強化】マルチミネラル亜鉛

続きを見る

女性はコチラ!
【「亜鉛」も含まれます!】マルチミネラル鉄

続きを見る

【まとめ】栄養チカラで、あなたを美と健康へ

美肌のために必要な栄養素7選』について、まとめてみました。

肌は今の自分の栄養状態を反映する鏡です。

つまり、「肌の状態が悪い」=「栄養状態が悪い(栄養失調)」とも言えます。

健やかで美しい肌」を作るためには、日々の食事が基本。

そして、不足しがちな栄養素はサプリメントによる栄養補給が重要です。

栄養のチカラで、あなたを美と健康へ

美肌に必要な栄養素を知り、この機会にご自身の食生活の見直し。

そして、どの栄養素のサプリメントが必要なのかを考えてみましょう!

食事やサプリメントなどで、不足している栄養素を摂って、「健やかで美しい肌」を作っていきましょう!
佑:Task
あわせて読みたい!
【キレイな肌への第一歩】肌トラブルと栄養の関係|4つの肌の悩みから考える

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

美容薬剤師 佑:Task

(一社)美容薬剤師協会|美をインスパイアする美容薬剤師|認定ONP11期|『美のあり方』をテーマに発信|【ゆらぎ肌卒業|ノーファンデ肌を作れる】Dr.Pharmacyを販売中!

-美と健康の栄養療法
-, , , , , , , , ,